img_af0918f9b76c94ffced5e33cd4e9bd3616112
LINEで送る

イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件時にtwitterで話題になっていた【 #ISISクソコラグランプリ】にて、

投稿していた者の住所などが流出したことがわかりました。結果、イスラム国関係者が殺害予告を行ったようです。

「徳島県警関係者によれば、同県警は今、最高度に緊迫しています。
 
なぜならば、東京の警察庁のトップから、極秘の緊急指示を受けたからです。指示の中身は『日本でテロを起こさせるな』。2001年の“9・11”以来の緊迫感です」(在阪の全国紙記者)
 
きっかけは、ツイッターで投稿された1枚の「風刺画」だった。キリスト教三大天使のひとり、ガブリエルがムハンマドの額を拳銃で撃ち抜いている過激な「侮辱画像」だ。
 
ネット上ではすぐさま「A」という人物が投稿者ではないかと名指しされ、実名、徳島市内の自宅住所、アルバイト先の飲食店『N』などの情報が晒された。
 
さらにイスラム国関係者と思しき人物たちもこれに反応し、〈地獄の洗礼を約束〉などと「殺害予告」をツイッターに書き込んだ。
 
この騒動にいち早く動いたのが警察庁だった。冒頭の全国紙記者の話。
 
「徳島県警に下された具体的な指示は、『(画像の)投稿者の自宅を完全秘匿で遠くから監視できる固定カメラを多数設置し、警備部の公安捜査官を24時間態勢で張り付かせよ』という厳格なものでした」
 
徳島県警警備部公安課の捜査員が小誌の取材に答えた。
 
「我々は、すでに徳島市内に住む30代の男性を(ネット接続業者との契約情報から)特定しています。現在、彼の自宅の周辺警戒を行っております」
たった1枚の投稿画像がテロを引き起こす危険を孕んでいるのだ。

 

これに対してのtwitter上の反応は・・・


 
基本的に自業自得・自己責任など、クソコラに対しては冷ややかな目で見る人が多数ですね。
 
↓↓↓のシェアボタンで友達にも教えてあげてくださいね^^

あわせて読みたい関連記事:

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です