gfhgfdhfhg
LINEで送る

先週、米フロリダ州タンパで車にはねられて一匹の猫が死にました。

 

オス猫の”バート”は、先週路上で血を流して倒れているのを飼い主のエリス・ハトソンさんが発見。

 

身体は冷たくなっており、顔にひどい傷を負っていました。呼んでも反応もなく、ハトソンさんは死んでいると思い込み、近所の人と一緒に自宅の庭に埋葬したそうだ。

 

しかしそれから5日後、近所の家の庭を歩いている猫”バート”を住人が見つけ、ハトソンさんに届けられました。バーとは自力で墓から這い出たようだ。

 

バートは片目が潰れて歩くことが難しく、脱水状態だったそうだ。それでも奇跡的に内蔵に損傷はなく、27日には片方の眼球を摘出し、ワイヤで固定する手術を受け、回復に向かっているようだ。

 

普通の動物なら、これほどの傷を負うと、人に対しての警戒心が強くなるものだが、バートは非常に人懐こく、人が来るとゴロゴロ喉を鳴らして甘えているそうだ。

 

早ければ来週にも飼い主の元に戻れるそうです。

尚、このことが話題となり、ネットでは【ゾンビ猫】の呼び名で更に話題が広がっているようだ。

↓↓↓のシェアボタンで友達にも教えてあげてくださいね^^

 

あわせて読みたい関連記事:

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です