dsfdsfs
LINEで送る

2014年11月29日 フランス・パリ ブレイクダンスの世界一を決める『Red Bull BC One World Final』が開催!

16人によるトーナメント方式でダンサーは1対1で対­決。ジャッジは技術的そして身体的なスキル、振り付け、音楽の創造的な解釈という評価­基準に基づいて判定を下します。

日本からは長崎県出身の野中泰輔さん(Taisuke)が出場。

準決勝では、独自のスタイルで有名なロシアのCheeritoを日本人Taisukeが見事破ると、観衆からはスタンディングオベーションで拍手喝采をされた。

見事決勝まで進んだTaisukeでしたが、オランダのMennoと対決し、敗れてしまいました。

しかし、今回のTaiskeのプレイは初心者から見ても素晴らしく格好いいダンスパフォーマンスでした!

是非一度観てみてください。

 

Taisukeは試合後、

「悔しい思いをしたというのもあれば、すごくスッキリしている部分もあるし、(決勝の­結果は)ジャッジの好みだと思っているし。自分の中では胸を張って日本に帰ろうと思っ­ています。それなりのことはやったし、それをみんなわかってくれるとありがたい。今は­そういう気持ち。」

と言っていました。

発言も男らしくてかっこいいですね!

日本の誇りとも言えるダンスパフォーマンスをありがとうございました!

 
 
↓↓↓のシェアボタンで友達にも教えてあげてくださいね^^

あわせて読みたい関連記事:

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です