woman-586185_640
LINEで送る

早起きは三文の得とよく言いますが、そんなの簡単に出来たら苦労しないというものです。

夜型の体になってしまっている人は、いきなり朝型の生活にしろと言われても、そんな急にできるものでもありません。

そこで今回はどのようにしたら夜型人間から朝型人間に変わることが出来るのか、簡単に5つに分けて説明していきます。

 

1.良質な睡眠を取る

朝型に変えるに連れ、良質な睡眠を摂るのは必須条件となります。

質の良い睡眠時間として、【3時間、4時間半、6時間、7時間半】が適切だと言われています。これはノンレム睡眠の影響だと言われていますが、ここでは省略させていただきます。

あとは、カフェインを夜10時以降には摂取しないのも一つでしょう。寝る直前にスマホなどの小さい画面を見つめるのも良い影響ではありません、

 

2.健康な朝の習慣にさせる

まずはしっかり体に慣れさせることが大事です。

目覚ましが鳴った後も起きたり寝たりの繰り返しでは意味がありません。それならば、起きた時の行動もセットして少しずつ習慣化していきましょう。例えば起きてからストレッチをする流れを自分で決めたり、温かい飲み物を飲む習慣をつけたりと、自分が始めやすい行動をセットにすることによって、習慣化しやすくなっていきます。

 

3.出勤前のやる事リストを作る

朝起きてから仕事・学校へ行くまでの時間が勝負です。その時間に集中して、やるべき事をしっかりやる事が効率の良いタイムマネジメントに変わります。そして、緊急度の高いものから中心に攻めましょう!

朝起きたは良い物のあれもやりこれもやりで、結局効率の悪い内容の時間を過ごしてしまったということも少なくありません。

せっかく早起き出来たのなら、その限られた時間の中で自分にとってプラスとなる事に没頭しましょう!

 

4.熱いシャワーで気分リフレッシュ

朝はどうしてもウトウトしがちです。身体は起きたつもりでも、脳はまだ眠っていたりします。その為にも少し熱めのシャワーを浴びることによって、身体を内面から目覚めさせることが出来ます。

気分がリフレッシュするのは勿論ですが、気持ちの入り様も全く違います。1日が始まったとスイッチをわかりやすく入れられるので、非常におすすめです!

 

5.前夜の内に準備は完全に終わらす

朝起きてからの準備は、気が急いでいる上に有効な使い方とは言えません。人は寝起きの方が頭が冴えているものです。そんな冴えている時間にわざわざ雑務をこなす必要はありません。

準備などの頭を使わないような雑務は前日の夜の、頭が疲れ切っている時で十分です。しっかり頭に入れて置かなければならない仕事や勉強は、頭が冴えている朝にまとめてインプットしてしまいましょう。

 

以上までが、夜型の人が朝型人間になる5つの方法です。

全てしっかり実行すれば徐々に習慣化され、必ず朝型人間になれるでしょう。

 

あわせて読みたい関連記事:

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です